エビデンスに基づく早期の支援を‼

一般社団法人 発達障害専門センター

一般社団法人発達障害専門センターは、発達障害児の早期発見とそれに続く幼児期から成人期までの支援について、地域の対応力向上を図ることを理念として掲げ、市区町村や学校そして職場のお手伝いを進めて参りたいと思います。 当法人代表理事・会長 神尾陽子 が、これまで国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 児童・思春期精神保健研究部長(前職)として取り組んでまいりました「発達障害」に関する研究成果及び作り上げた様々な支援方策を社会に実装することを目指し、今後は法人としてより組織的に皆様方の支援を進めて参ります。

当法人代表理事・会長 神尾陽子 が、これまで国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 児童・思春期精神保健研究部長(前職)として取り組んでまいりました「発達障害」に関する研究成果及び作り上げた様々な支援方策を社会に実装することを目指し、今後は法人としてより組織的に皆様方の支援を進めて参ります。

具体的には、発達障害児に対して地域で継続的に取り組みを進めることのできる指導者の養成を行って参ります。また発達障害児が学校で心を安定に保ち、安心して生活できるために教師は発達障害児にどのように接していけば良いのか、学校内で実施可能な対応の仕方について、具体的なスキル習得を通して、理解を深めて頂ける研修を行って参ります。

また、行政が発達障害児者支援に関連する事業計画を策定する際には、必要な基礎調査の設計と分析、関係者に必要な基礎知識から計画案の展開の具体例までの組織内研修の支援等総合的なコンサルテーションから必要に応じテンポラリーアドバイザーの派遣までの行政総合支援事業を進めて参ります。 代表理事 神尾陽子 がこれまでに積み上げてきた実績を基に開発いたしましたICTも活用して、国内外の研究機関の行う調査研究事業に積極的に協力、参加してまいります。

Ⅱ 事業の具体例の提示

(1)発達障害児者支援に必要な対応力向上を図る研修プログラムの例

① 発達障害児の早期発見力を向上させる研修

シリーズ A1 発達障害児の早期発見力向上研修(基礎コース): 定員50名

  • M-CHATを適切に実施する演習
  • M-CHATを適切に解釈し支援につなげる演習
  • ロールプレイ

② 発達障害児の早期発見・早期支援に関する地域指導者の養成研修

シリーズ A2 発達障害児の早期発見力向上研修(アドバンスト・コース): 定員20名

  • 事例検討
  • 地域の課題分析と地域研修のカスタマイズ
  • 研修力のブラッシュアップ

③ 教師の発達障害対応力を向上させる研修

シリーズ B1 教師向け発達障害対応力向上研修 (基礎コース): 定員50名

  • 講義とロールプレイ

シリーズ B2 教師向け発達障害対応力向上研修 (アドバンスト・コース): 定員10名講義と事例検討

④ (関係する)医療関連職種の対応力を向上させる研修

シリーズ C1 発達障害のメンタルヘルス研修 (基礎コース): 定員50名

シリーズ C2 発達障害のメンタルヘルス研修 (アドバンスト・コース): 定員15名

  • 事例検討

シリーズ C3 発達障害児の不安軽減プログラム研修:定員20名

⑤ その他の発達障害に関連する出張研修・講師派遣

(2) 発達障害児者支援に関連した調査研究事業(例)

① 発達障害児の長期追跡研究

② 発達障害児の治療予後に関する研究

 発達障害児が示すさまざまなメンタルヘルスの問題への治療法のエビデンスについては多施設共同研究を通じて構築し、エビデンスに基づく治療法を普及することに努めてまいります。このため、スマホやタブレットなどを通して行動評価を行うアプリケーション(代表理事神尾らとパナソニックソリューションテクノロジー株式会社との共同開発製品)を利用して、臨床現場での研究参加者の負担を軽減し、かつ研究実施に携わる臨床機関のマンパワーを節約することにより、信頼性の高い臨床データを効率的に収集してまいります。この方法により、この領域での多施設共同研究のハードルを下げ、質の高い研究を進めていくことが可能となります。

(3)発達障害児者支援システムの社会実装支援事業

多数の自治体・教育委員会へご協力してきた経験を活用して、発達障害児者支援計画を進める自治体に対して、運営に資する適切なノウハウを適時ご提供させて頂きます。 また、必要に応じて関係者に必要な基礎知識から計画案の展開の具体例までの組織内研修の支援、基礎調査の設計と分析による地区診断の実施等総合的なコンサルテーションにより、複数年度にわたり社会実装を支援してまいります。この場合、必要に応じオンラインによる相談事業やテンポラリーアドバイザーの派遣も検討いたします。

社会実装総合支援事業: 受託事業(自治体との複数年度契約)

  • 実装までの総合的コンサルテーション
  • 関係職員基礎研修
  • 地域診断(基礎調査の設計と分析)
  • 指導者養成コース
  • テンポラリーアドバイザーの派遣

(各種研修では、会場での研修以外にe-learningも併用することで実効性を高めて参ります)

(4)その他前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

  • 研修会テキストの編集、発行
  • 研修修了者の認定事業
  • 発達障害に関連する行政や研究上の課題について行政関係者、研究者あるいはメディア関係者との意見交換を行う関係者協議会の設置と運営

お問い合わせ info@asd-dd.jp

または、〒103-0021 中央区日本橋本石町3-2-3 日本橋オリーブビル4F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA